胃食道逆流症(GERD)の一種である逆流性食道炎は、数日きちんとお薬を飲めば、大体、9割近くの人の自覚症状は消失しますが、さりとて食道の粘膜の傷みや炎症が快癒したとは言い切れません。
塩分や脂肪の摂取過多を避けた上で手ごろな運動を行い、ストレスを蓄積しすぎないような暮らしを意識することが狭心症を招く動脈硬化を事前に防ぐポイントです。
30才代で更年期が訪れたとすれば、医学的な用語ではPOFという女性疾患に当てはまります(この国では40歳以下の女の人が閉経することを「早発閉経(POF)」と称します)。
期外収縮(きがいしゅうしゅく)は、病気ではなくても症状が発生することがあるので緊急の心臓の障害ではないにしても、短い期間で発作が続いて起きるケースは危険です。